日曜しか休みがない人が転職するには面接がネック!6つの対処方法!

日曜しか休みがないのはつらい?転職活動をするにはどうしたらいいのか6つの対処方法をご紹介! 未分類

日曜しか休みがないと、身体も休まらずツラいですよね。

年間休日数も少なく、転職活動をしたくてもあっという間に1日が終わってしまいます。

そんな生活を変えたいと思っていても、

日曜しか休みがない人はどのように転職活動を進めていけばいいのでしょうか?

なかなか一歩を踏み出せずに時間だけが経ってしまいますよね。

そこで今回は、日曜しか休みがない人が転職をする為の対処法をご紹介していきます!

日曜しか休みがないのはツライ

休みがなくてつらい人の画像

日曜しか休みがないというのは、身体的にも精神的にもツライですよね。

週休1日だけだと、年間休日数も大幅に少なくなってしまいます。

年間で52回の日曜日+就業規則で定められた休日が13日で、合計65日…。

会社によって夏季休業や年末年始は違うので、もう少し年間休日数があるところもあります。

日曜しか休みがないとなると、平日の疲れをとるのも不可能ですよね。

私が過去に働いていた会社も土曜出勤があり、夏季休暇や年末年始も正社員は休日出勤をさせられるところでした。

やっと休日だと思っても起き上がることが出来ず、無駄に1日が終わってしまうのが当たり前。

ご飯を食べる気力もなくなり、さすがにマズイと思ったので1年足らずで転職しました。

「たったの1年で辞めて次の就職先が見つかる?」という不安があったのはもちろんです。

しかし、何のために働いているのかが分からなくなり会社に行くのがツライと思うようになりました。

辞めるまでは悩んでいましたが、辞めてしまえばあっさり切り替えられます!

働くことは大切ですが、1番大切なのはやっぱり自分の身体ですよね。

お金がないと生活が苦しいのも現実ですが、

それでも明るく生きていける選択肢が出来たらいいですね。

日曜しか休みがない人が転職する6つの対処方法!

日曜しか休みがないという人は、仕事と家事を両立させながら転職活動をするのも大変ですよね。

限られた時間の中で効率的に転職活動を進めたいというのが理想です。

日曜しか休みがないという人でも効率的に転職するための対処方法を6つご紹介いたします!

オンライン面接をお願いする

オンライン面接の画像

以前からIT技術が進歩していたこともありますが、コロナによってとても身近な存在となったオンライン面接。

今ではオンライン面接を行っている企業が沢山あります。

わざわざ面接会場へと足を運ばなくていいのも嬉しい点ですよね!

しかし、オンライン面接だからといって適当に行ってはいけません。

面接だということを意識し、自宅など周囲の音を拾わない静かな場所で行いましょう。

企業側から提案があった場合は別ですが、基本的には自宅だからと言って普段着で面接をおこなうのもNG!

しっかりとスーツなどを着て、身だしなみを整えるのも社会人としてのマナーです。

オンライン面接を行っていない場合や、面接方法については企業ごとに違いますので、

事前に企業へ確認をしておくのが良いかもしれません。

日曜日や夕方以降に面接をお願いする

面接をお願いする人の画像

日曜日でも営業をしている企業がありますので、日曜休みしかない人はその日にお願いしましょう。

また、平日でも帰宅時間が分かっていれば夕方以降にお願いするのが得策ではないでしょうか。

日曜日や夕方からの面接を希望する場合は、事前に企業へ日程調節は可能かを確認しておきましょう。

その際にも、在職中である事と面接可能な時間帯を伝えられるとスムーズに話が進むと思います。

半日だけ休んで面接に行く

半休をとるひとの画像

始業時間や退勤時間から近い時刻に面接を入れられてしまった場合は、半休を取得するというのも一つの手段です。

午前に半休を取得する場合は面接後に仕事へ、午後に半休を取得する場合は面接に間に合う時間まで仕事をする、といったスケジュールになりますね。

午前・午後どちらに面接が入るかは分かりませんが、時間に余裕をもって行動できるようにしましょう!

仕事を休んで複数の会社に面接してもらう

面接に行く人の画像

複数の会社に面接をしてもらう場合、面接のたびに有給や半休を使う訳にもいかないですよね。

そういった場合には有給を1日消化し、その日に複数の面接を設定する方法もあります。

午前、午後、夕方など3回に分けて面接をすることも出来ますが、

1日で回らなければいけないという部分が大変なところです。

同日に面接の日程が入れられるかは企業によりますので、事前に確認しておくことが大切です。

思い切って退職して探す

退職する人の画像

有給や半休を取得したり、面接時間を調節するのも面倒だという方は思い切って先に退職してしまうのも1つの手段です。

私も「早く辞めたい!」という気持ちが強かった為、転職活動をする前に退職しました。

面接日程を調節する手間も省けますし、いつからでも働けるという部分も強みになります。

また、次の就職先が決まるまでは身体や心を休める期間にできるので、

再就職後に向けてのモチベーション作りをするのも良いですね。

しかし就職活動が長引くと収入が安定しなくなってしまう部分もありますので、

自身の貯金と相談し、節約を心がけるようにしましょう。

転職エージェントを利用する

転職活動をする人の画像

有給や半休を取得するのも難しいが、転職前に退職をするのも不安だという人ももちろんいますよね。

そんな方には転職エージェントを利用することをオススメします!

様々な転職サイトがありますが、転職エージェントにはメリットが沢山あるんです。

・すべてのサービスが完全無料

転職エージェントが企業へ人材紹介をし、その人物が採用されると

企業が転職エージェントへ紹介料を支払う仕組みになっています。

その為、様々なサポートを受けたとしてもサービス料がかからないのです。

・希望に合った求人を紹介してもらえる

転職エージェントには大手企業や優良企業の求人がたくさん掲載されています!

さらに、様々な業種・職種の中から条件に合った求人を紹介してもらえます。

・面接セミナーで指導してもらえる

面接が苦手だという方の為に、1対1の面接セミナーを受けることが出来ます!

面接はどんなに練習を重ねても緊張してしまうので嬉しいサービスですね。

・転職に関して相談が出来る

転職に迷っているけどなかなか踏み込めないという人もいると思います。

そんな方の為に、転職エージェントでは第三者の目で転職についてのアドバイスをしてくれます。

周りに相談しにくいという方でも気軽に相談できるので、一人で悩まずに済みますね。

・書類選考で通過率が上がる

履歴書の添削をしてくれるというのもありますが、

なんと転職エージェントが企業へ推薦書を付けてくれるんです!

自己流で面接に挑むよりも、プロ目線のアドバイスがあるという方が心強いですよね。

・こだわり条件から企業を探せる

自分の希望にマッチした企業を探すことが出来ます。

毎週月曜日と木曜日には新人求人も更新されますし、特集も用意されているそうです。

・社風や雰囲気、面接で聞かれやすいことを教えてもらえる

転職エージェントが企業と関わりがある事から、社風や面接官の人柄などを教えてくれます。

会社の裏情報や、面接で聞かれることを教えてもらえるのは嬉しいポイントですね!

・一般には公開されていない大手企業の非公開求人がある

大手企業などは事業戦略に繋がる為、求人情報を一般公開しないところも多いようです。

そんな求人を、転職エージェント側が「あなたにピッタリ!」と思った人に紹介してくれる場合があるんです!

・面倒な日程調節を管理してくれる

複数の企業の面接に行きたい場合、日程調節をするのは大変ですよね。

仕事をしながらの転職活動だと尚更ではないでしょうか?

転職エージェントでは面接の日程調節もサポートしてくれるので、

安心して日程を入れることが出来ますね!

・条件交渉をしてくれる

自分からでは言い難いような「年収交渉」「入社日交渉」もサポートしてくれます!

もちろん必ず希望が叶う訳ではありませんが、キャリアアドバイザーが交渉してくれるなんて転職エージェントだけなのではないでしょうか?

日曜しか休みがないので転職したい!ネットの声

日曜しか休みがないのがつらく、転職したいと思っている方も多いようです。

実際に転職したいと思っている人のネットの声をご紹介いたします!

休日が多いのはとても羨ましいことですよね!

何のために仕事をしているのかが分からなくなってしまいます…。

「最低でも3年働かないと再就職が難しい」なんて、私は周りに言われていました。

毎日仕事の休憩時間に転職先を探しながら生活していたのを覚えています。

役職を持っていたりすれば、尚更転職は大変ですよね。

しかし日曜しか休みがないというのは今後の生活や体調にも影響が出てくるかもしれません。

そうなる前に決断できれば良いですね。

日曜しか休みがない人が転職するには面接がネック!6つの対処方法!まとめ

日曜しか休みがない人が転職をする際の対処方法についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

転職したいと思ってもいざ行動に移すのは勇気も必要ですよね。

転職エージェントなどの転職サイトを上手く利用し、日曜しか休みがないという人でも次のステップに進めると良いですね。

転職を少しでも考えている人は、ぜひ転職サイトを比較し活用してみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました