スポンサーリンク

人権無視ペンラとは?発端の元ツイも調査!

人権無視ペンラとは?発端の元ツイも調査! ジャニーズ

11月18日『人権無視ペンラ』が Twitter でトレンド入りしました。

人権無視ペンラとは「関ジャニ∞ドームライブ18祭」のツアーグッズとして発表された

『制御型ペンライト』が『人権無視ペンラ』と言われているようです。

『人権無視ペンラ』発端の元ツイと『人権無視ペンラとは』について調査してみました。

ジャニーズ人権無視ペンラとは?

『人権無視ペンラ』とは、いわゆる『制御型ペンライト』の事です。

制御されて、ペンライトの色を自由にできないという事で『人権無視ペンラ』と呟いた事がことの発端となったようです。

「制御」「人権無視」とはすごい発想ですが、

このツイートに対して嵐ファンが喰いついてトレンド入りするほどの騒動となりました。

嵐ファンが喰いついた理由は、松潤が考案した「制御ペンラ」を「人権無視ペンラ」とツイートされた事だけでなく、

その事で松潤のライブ構成にまでケチをつけられた事のようです。

一部では「嵐ファン」VS「関ジャニ∞ファン」にまで発展しました。

『制御型ペンライト』は、演出に合わせて客席のペンライトを演出サイドでコントロールします。

演出サイドがコンサートの構成に合わせて色を変化させたり、点滅や消灯も出来るので、その光景は圧巻です。

「制御ペンラ」を活用した松潤のライブ構成を気に入っている嵐ファンはもちろん沢山いるので、

「制御ペンラ」を取り入れたのは関ジャニ∞なのに巻き込まないで~という声が多くあるのも納得かもしれません。

それでも推しのメンバーカラーに自由にする事を楽しみにしている関ジャニ∞ファンからすると、

通常1500円くらいだったペンライトが4500円とかなり高価になった理由が『制御型ペンライト』だった事は驚きだったのかもしれませんね。

人権無視ペンラの元ツイは?

人権無視ペンラの元ツイはこんな感じだったようです。

 

うーん…元ツイもこんなに事が大きくなるとは思ってなかったのかもしれませんが…

『制御型ペンライト』を活用しているアーティストは“ラルクアンシエル”、“いきものがかり”など他にもいます。

嵐の松本潤関ジャニ∞の大倉忠義もみんなに喜んでもらいたい思いから取り入れたはず。

『人権無視ペンラ』元ツイの騒動を受け、大倉忠義は「昔のペンラを持ってきて大丈夫!」

ブログを更新しています。

せっかく楽しみのライブなのに『人権無視ペンラ』と言われるのはファンとしても悲しいですよね。

人権無視ペンラについてネットの反応は?

『人権無視ペンラ』、所謂『制御ペンラ』自体に不満を持っている人は実はごくわずかでした。

 

「人権無視ペンラ」と伝わっているのは悲しい…

「どこか人権無視ペンラなの?」

「制御ペンライト」も素敵な演出が出来る。

「制御ペンラ」凄いよ。

「関ジャニ∞ファン」も「嵐ファン」も『人権無視ペンラ』と言われる事に悲しいと感じていて、

『制御ペンラ』を称賛する声もありました。

人権無視ペンラとは?発端の元ツイも調査!まとめ

今年12月から始まる『関ジャニ∞ドームライブ18祭』のツアーグッズとして『制御型ペンライト』が発表されました。

発端の元ツイ『人権無視ペンラ』に悲しい思いをした方も多かったのではないでしょうか。

『制御型ペンライト』購入も、従来の『ペンライト』を使用するのも個人の自由です。

『関ジャニ∞ドームライブ18祭』では関ジャニ∞の最高のサービスでみんな盛り上がってくださいね。

タイトルとURLをコピーしました