スポンサーリンク

EndlessSHOCKの歴代オーナー役!感想と評判も調査!

ジャニーズ

「ショービジネスの世界では、”Show must go on”という言葉をよく耳にします……」

この言葉から始まるEndlessSHOCK(エンドレスショック)のストーリーですが、この言葉を語り出すのが、EndlessSHOCKのキーパーソンの一人、オーナー役です。

歴代オーナー役はどんな方が演じられてきたのでしょうか?

歴代オーナー役の感想や評判を、実際に観劇してきたファンの声を基に調査してみました。

EndlessSHOCK(エンドレスショック) の歴代オーナー役!

EndlessSHOCKの歴代オーナー役は次のとおりです。

帝国劇場 梅田芸術劇場 博多座
2005年 秋山純 なし なし
2006年 秋山純 なし なし
2007年 秋山純 なし なし
2008年 大倉忠義 なし なし
2009年 植草克秀 なし なし
2010年 植草克秀 なし なし
2011年 植草克秀 なし なし
2012年 植草克秀 なし 植草克秀
2013年 前田美波里 前田美波里 前田美波里
2014年 森公美子 森公美子 森公美子
2015年 前田美波里 前田美波里(9/8~9/17)
植草克秀(9/18~9/30)※
植草克秀※
2016年 前田美波里 なし なし
2017年 前田美波里 前田美波里 前田美波里
2018年 久野綾希子 なし なし
2019年 前田美波里 前田美波里 なし
2020年 前田美波里 前田美波里(※スピンオフ) なし
2021年 前田美波里(※スピンオフ) なし なし
2022年 前田美波里(※スピンオフ) なし 島田歌穂

※本来は、前田美波里がオーナー役を演じる予定だったが、左肩骨折のため9/18から休演。代役として急遽植草克秀が、9/18からの梅田芸術劇場公演と博多座公演でオーナー役を演じた。

秋山純さん

秋山純さんは、MA(Musical Academy)のメンバーとして、屋良朝幸さんとKinKi Kidsのバックダンサーなどで活躍をしておりました。

秋山純さんは「劇場を受け継いだ青年」となっており、現在のEndlessSHOCK内のような重要なポジションではなかったのですが、堂本光一さんを支えていました。

現在は、ジャニーズ事務所を退所し、一般の方となっておられるようです。

大倉忠義さん

大倉忠義さんは、関ジャニ∞のメンバーとして、「滝沢演舞城」などジャニーズ舞台で活躍していました。

大倉忠義さんが参加したことで、オーナー役にスポットが当たりました。

大倉忠義さんが加入した時に追加されたのが、「Don’t Look Back~戻れない日々~」の前身曲である「戻れない日々」という曲が追加されました。

大倉忠義さんは、SHOCKの現場では「痩せる」と言われている中、なぜか体重がアップするというエピソードなどかわいらしいエピソードが多く残っています。

できることなら、大倉忠義さんには、当時よりダンスはすごく難易度が上がり大変になりましたが、今度はライバル役として出演して欲しいと思います。

植草克秀さん

植草克秀さんは、「少年隊」の一員としてテレビドラマや舞台などで活躍をされていました。

元々、SHOCKという舞台は少年隊のミュージカル「PLAYZONE」の演目だった縁もあり、植草克秀さんがオーナー役を演じることになりました。

植草克秀さんから、今までオーナー役を堂本光一さんの後輩が演じていましたが、先輩になりました。

それまで、SHOCKのオーナーは、年下の頼りないオーナーという面がありましたが、堂本光一さんより年上の方が演じることで、父親的な存在として、SHOCKというストーリーに深みが増しました。

2015年に前田美波里さんがけがのため、休演になった際、誰も代役が務められない中、堂本光一さんの嘆願により、急遽台本を取り寄せ、新幹線の車内で台本を覚え、ほとんど合わせる時間もない中、演じきったというエピソードがあります。

前田美波里さん

前田美波里さんは、かつて資生堂のキャンペーンガールとして人気を博しました。

その後、「コーラスライン」「レ・ミゼラブル」「マイ・フェア・レディ」など数々の有名な舞台やテレビドラマなどに出演し、ジャニーズ系の内部舞台では「DREAM BOYS」にも出演しています。

前田美波里さんは、2013年の初出演以降、オーナー役として何度もEndlessSHOCKに出演し、いまやこの舞台にはなくてはならないレジェンドのような存在となっています。

ファンからの信頼もあり、「ビバさんがいらっしゃるなら大丈夫」ともいわれることもあります。

スラっとした身長に、力強い歌声で颯爽とステージを歩いていく姿は、「かっこいいお母さん」のような存在です。

森公美子さん

森公美子さんは、オペラ歌手ですが、「レ・ミゼラブル」や「シスター・アクト」などの数々の舞台に出演し、ディズニーの「リトルマーメイド」でのアースラの日本版声優としても活躍されています。

記念すべき1000回公演を迎えたの次の年、私が見てきた中では、最高傑作だと思ったのが2014年の帝劇公演ですが、この年のオーナー役を務めたのが、森公美子さんです。

前田美波里さんのオーナーとは違い、肝っ玉お母さんのような存在として、カンパニーを包み込んでくれました。

久野綾希子さん

久野綾希子さんは、劇団四季出身の舞台女優さんで、劇団四季財団中は、「ウエストサイド物語」や「キャッツ」にも出演しておりました。

残念ながら、2022年8月にお亡くなりになられましたが、EndlessSHOCK出演時、前田美波里さんや森公美子さんとは違い、かわいらしい少女のようなオーナー役を演じておられました。

出演は2018年の一回のみでしたが、もう一度出演してさらに役に深みの増したオーナーを演じられるのを見たかったと思います。

島田歌穂さん

島田歌穂さんは、『がんばれ!!ロボコン』のヒロイン・ロビンちゃん役で人気を博し、後に舞台女優に転身し、「レ・ミゼラブル」の日本初演のエポニーヌ役を演じました。

その後音楽活動や、日本語吹き替えなど、さまざまな活動をしておられます。

島田歌穂さんは、堂本光一さんが出演舞台「ナイツ・テイル」での共演が縁で、オーナー役に抜擢されました。

島田歌穂さんのオーナーは、今までのオーナー役を演じられた方々とは違い、かっこいい年上のお姉さんのような存在で、カンパニーを引っ張っていってくれました。

2022年の博多座のみの出演はもったいないため、2023年のEndlessSHOCKがあるならば、ぜひとも、出演してほしいと思います。

EndlessSHOCKの歴代オーナー役!感想と評判も調査!まとめ

いかがでしたでしょうか?

EndlessSHOCKのストーリーは2005年からほぼ変わっていません。

演出や演者が変わると、物語から受ける印象が変わってきます。

2023年のオーナー役は誰が演じることになるのでしょうか?

実は、SHOCKは、2023年についにスピンオフを合わせて2000回を迎えることになると思われます。

その記念すべき年のオーナー役を演じるのは、レジェンド前田美波里さんなのか、その他の方なのか、楽しみですね。

タイトルとURLをコピーしました